出会い系サイトでトラブったらどうする?

嘘のような話ですが出会い系サイトで知った人が元々知っている人だったという出来事が実際に起こったといいます。
けれども、少し恥ずかしい思いをする程度の事なのでことさら問題が大きくなる訳ではありません。
それよりもプロフィールに顔写真を登録していると冗談半分でサイトを利用している知人がいると出会い系サイトを利用している事が知られたくない人にも伝わってしまう恐れがある事です。

加えて顔写真は本人とは無関係の所で勝手に利用される事もあるので充分に信頼できるサイト以外では登録しないのが賢明です。
バーなどの飲み屋で、男女の仲になりたいと願うなら、恋愛スキルを相当レベルにまで磨かなくてはいけません。どちらも飲んでいますので、恋愛感情は生まれていないのが大体の結末でしょう。

さらに、異性の分も支払うケースもあるでしょうから、支払った金額を考えた際に、一気に酔いが醒めることもあります。

確実に出会いたいなら、相手探しをしている者同士の出会い系サイトへ登録することで、多額の費用を必要としない方法だといえますね。出会い系サイトを利用する際の注意点としては、一部のサイトは、課金する利用者を増やすために登録者の中に「サクラ」を紛れ込ませ、実際の登録者を誘導するところもあります。たいてい、サクラのプロフィール写真や経歴は魅力的なものが多いため、多くの人がひっかかってしまうようです。サクラは課金の要求をするだけしておいて、会うことなど不可能なので、得られるものは何一つありません。サクラのいない優良なサイトを見つけるために、今ではネット上で出会い系サイトのレビューや評判が多く見つけられますので、良い評判のサイトのみを利用すべきです。そうすれば、サクラに騙される心配もなくなるでしょう。最近は出会い系サイトによる出会いが増えていますが、トラブルや詐欺にあった話も耳にします。

私の友人も出会い系サイトでのトラブルを経験しています。相手とはすぐに打ち解けて関係が深まっていったと言っていました。

なのに、数か月のちに相手は既婚者で、自分は浮気相手だったということが分かってしまったそうなのです。

友人は真面目に交際していたので、落ち込みようも激しく、見ていてつらくなりました。

ただ遊びたいがために既婚であることを隠しているような人が出会い系を利用して真面目な人を翻弄するのは本当に酷いですし、やめてもらいたいと思います。
悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、率直に「出会えない」ということです。

もちろん、明らかにディスコミュニケーションがあるせいで相手から不信感を抱かれ出会えない、というケースは被害とはみなしません。出会い系サイトからの被害として扱うべき事態とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。たとえば、女性登録者がすべてサクラであるという事態もあったり、最近では、プログラムされただけのテンプレートの文面をサイト側が送るだけというケースもあって当然ながらそのようなことをする悪質なサイトにいくら課金しようが、絶対に出会うことができないという被害報告が増えてきています。恋人探しをしている人たちに場を提供しているイベントは数多くありますが、こうした場でのたち振る舞いが苦手な人には参加自体を躊躇してしまうものでしょう。

勇気を振り絞って参加したとしても、不安が現実になりみじめな思いをしてしまう話はよくあります。

自信が持てないうちに参加して辛い思いをするよりも、まずは慣れるためにサイトを通してじっくりやり取りをすることでお付き合いの相手に出会えるチャンスを見つける方がいいでしょう。

出会い系について少し調べればわかることですが、出会い系ではサクラや機械による自動返信などの詐欺まがいの相手も存在します。
そこで、出会い系サイトを活用して出会いたいと思ったら、本当に出会いを求めて登録している人なのかを選別することが重要なポイントです。

ほとんどの人にとっては難しくありませんが、毎回同じ返信が繰り返される自動返信の不自然な内容を疑いもせず信じてしまうようでは出会い系は向いてないですよ。

さらに、普通に会話ができたとしても、相手がキャッシュバッカーという可能性があるので用心しましょう。ここ数年では、ポイント換金制を導入している出会い系サイトが増えています。利用に応じてポイントがたまり、それをサイト内で使ったり換金したりできる制度なのですが、こうしたサイトの利用者の中にいる「キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちに注意すべきです。
これは、出会い系サイト利用者の中に、異性と出会うためではなく、ポイントを貯めてそれを換金することを目的としている人のことを言います。

そうした人たちはサクラとも違うし、キャッシュバッカーとのやりとりはプログラムの自動返信とも違い、ちゃんと会話になるため判別が難しいところですが、一つ言えるのは、実際に会おうとせず、ただメールのやりとりのみ要求するような相手とはできるだけ早く関係を絶って、ちゃんとした相手を探すほうがよいでしょう。
出会い系のアプリランキングin無料版

コメントする